JTさんの晩酌歳時記

理の才乏しき理系新社会人の、いろいろ横道にそれがちな晩酌日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エヴゲーニイ・オネーギン

オネーギン (1962年)オネーギン (1962年)
(1962)
池田 健太郎

商品詳細を見る
ロシア古典の開拓者ともいえるプーシキンの代表作にてござい
チャイコフスキーによるものを始め幾度となくオペラ化、99年には映画化
ロシアのエリート層は全文暗記してるとまで噂されるとんでもねえビッグネーム
日本では若干マイナーと言わざるを得ないかもですが

まあ、日本人の感覚からすると、19世紀初頭を古典と言っていいのかというとちょっとアレですが
ロシア自体そんなに歴史の長い国ではない(短いというわけでは決してない)のでまあそれはそれ
昔っから古典って言われてんだからしゃーないしゃーない

お話自体は一風変わった貴族小説といえばいいのかな
韻文小説でもあるので、原語でないと趣を楽しみきれないのがちょっと残念
ロシア語は第二外国語でとってたJTですが、正直なとこカタコトでしゃべるのが関の山です
ちくしょうなんでこんなことに

これ以降はかなりネタバレ含むんで、一応続き設定しておきますね



さて、放蕩生活で財産を使い果たした没落貴族オネーギン君(20)
伯父の遺産を受け継いで田舎の地主となったが、混乱した祖国の未来には興味も希望も抱けない
結果、虚無的な日常をだらだら生きる我らが誇り高き自宅警備員オネーギン(20)
これが本作の主人公である

そんなオネーギンのさまが、何故か神秘的で素敵なものに見えてしまった少女がひとり
恋に恋する年頃の本作ヒロイン、タチヤーナだ

果敢というか無謀というか、ともあれ思い余って恋文作戦に出る我らがタチヤーナ
これに対するオネーギンの返答は

「……信じてください(良心にかけて申します)、結婚生活はお互いに苦痛となるにきまっている。
 どれほどあなたを愛していたにせよ、僕は一たん慣れたが最後、すぐさま愛想がつきてしまう。
 あなたは泣きはじめる、が、あなたの涙は僕の胸を打つどころか、
 かえって僕の心を重くするのが落ちなのです。……」


まあ、お前もうちょっとなんかあるだろ的な断り方をしたわけですな、この自宅警備員は

で、その後ちょっと色々あってオネーギンが親友と決闘したり(ちなみに勝つ)
タチヤーナのほうは色々あってモスクワのエリート軍人(ちなみに公爵位持ち)と結婚したり
そんなこんなで6年が経過。

ひょんなことから再会したオネーギン(ニート歴6年26歳)とタチヤーナ(公爵夫人)

すっかりロシア貴族としてオトナのオンナに育ったタチヤーナにすっかりメロメロ(死語)のオネーギン
何を思ったか6年前の自分の行動を省みもせずタチヤーナ(人妻)へのアプローチ開始。

これが日本や普通の欧州作品なら、二人が結ばれてハッピーエンドってこともあるんだよね
まだタチヤーナはオネーギンのこと愛してるっぽいし
しかしてそうは問屋が卸さねえあたりがロシア文学。

タチヤーナにアプローチするも断られ、その上説教をされ、終いにはその場で旦那に遭遇
こともあろうにこの場面をもって作品完結。
フォロー・続編等は無論のこと一切無し。

以前、チェーホフの桜の園を読んだときもこんな感じでござんした
読後感とかそういったみみっちい感傷をばっさり切り捨てられた感
古典時代のスラブ民族はこういうのが好みだったのかしら?
とはいえ、決して不快になる類の切り方ではないあたりがさすがに名作というべきか

にしても、ここまで感情移入のしづらい主人公ってのも久々に見ましたのだわ
オネーギンをどれだけ嫌いになるかでこの作品に対する感想はかなり変わると思いましたのだわ
個人的には結構好きな作品といえるかな、と
同じプーシキンなら「ボリス・ゴドゥノフ」のほうが読みやすい分好みだけれど
機会があればぜひご一読あれかし
注釈が多くて読むのに時間はかかるかもだけど、何かしら得るものはあるかなと

オペラはさすがに先立つものが無いからアレだけど、映画は観てみたいなぁ
舞踏会の場面とかはすごいロシア的で華やかになってそうだし
スポンサーサイト
  1. 2008/02/20(水) 02:06:53|
  2. 本とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<建国記念日ってことで組曲「日本建国」歌ってみた | ホーム | 賀茂鶴 寒造り純米酒>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jieitei.blog79.fc2.com/tb.php/112-e9adcda2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

JT

Author:JT
酒は微酔を限りとす!
おさけはたのしく適量で!

リンクもアンリンクもフリー。
お好きにするがいいのよー。

めーる・めっせ
hakusukinoe(´・ω・`)hotmail.com
(´・ω・`)→@

すかいぷ
jtjtjt1984

FC2カウンター

ついったー

TweetsWind

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
グルメ
1808位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
お酒/ドリンク
168位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

Amazon商品一覧【新着順】

鋼のレジスタンス
鋼のレジスタンス

TIGER & BUNNY 公式アンソロジー WE LOVE SKY HIGH
TIGER & BUNNY 公式アンソロジー WE LOVE SKY HIGH

新訳 アーサー王物語 (角川文庫)
新訳 アーサー王物語 (角川文庫)

天にひびき 5巻 (ヤングキングコミックス)
天にひびき 5巻 (ヤングキングコミックス)

ファイブスター物語 リブート (7) THE MAJESTIC STAND1 (100%コミックス)
ファイブスター物語 リブート (7) THE MAJESTIC STAND1 (100%コミックス)

トップをねらえ! Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)
トップをねらえ! Blu-ray Box Complete Edition (初回限定生産)

戦国無双3 Z(通常版)
戦国無双3 Z(通常版)

シスマの危機 小説フランス革命 6 (小説フランス革命) (集英社文庫)
シスマの危機 小説フランス革命 6 (小説フランス革命) (集英社文庫)

煩悩寺  2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
煩悩寺 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)

ブログ内検索

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

RSSフィード

携帯アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。